長崎県ユニバーサルツーリズムセンター

団体概要

代表挨拶

 年齢や障害の有無にかかわらず、だれもが気兼ねなく参加できる旅行「ユニバーサルツーリズム」は、今や全国各地で注目され、普及が進んでいます。

 長崎県は風光明媚な自然と温泉、更には二つの世界遺産を有し、全国でも指折りの観光地です。また、「原子爆弾投下の地」として世界に広く知られている都市でもあります。知名度と県下全域に及ぶ観光資源の豊富な長崎に、だれもが楽しく安全に旅行をしていただくため、この度、「ユニバーサルツーリズム受入体制整備促進事業」を長崎県から受託しました。

 介護旅行のノウハウを持つ“ながさき福祉事業協同組合”と旅行宿泊の中心である“長崎県旅館ホテル生活衛生同業組合”とが核となり、交通事業者や観光関連事業者などの協力団体やサポート団体と連携協力したオール長崎での取組と考えています。

 「行きたくても行けなかった旅行!長崎に来れてよかった!」と心に刻まれる旅の思い出を提供できるよう、関係者一同、力を合わせて取り組んで参ります。

長崎ユニバーサルツーリズム産業共同提案体
代 表 里見 浩則
(ながさき福祉事業協同組合 理事長)



概要

団体名長崎県ユニバーサルツーリズムセンター
(長崎ユニバーサルツーリズム産業共同提案体9
住所〒856-0816 
長崎県大村市箕島町593番地 (長崎空港1F到着ロビー)
電話番号0957-46-3773
FAX番号0957-46-3779
メールアドレスinfo@nagasaki-ut.net
URLhttps://nagasaki-ut.net/
営業時間9:30~17:30 年中無休

長崎ユニバーサルツーリズム産業共同提案体〈団体本部〉

ながさき福祉事業協同組合
〈加盟:32団体〉⇒URL

医療・介護など福祉に特化した組合ネットワークであり、地域の高齢者や住民がこころ豊かに安心して暮らすことのできる住みやすい街づくりと、旅行に行きたくても行けない方々のニーズに対応し、介助の必要な方々が安心・安全に宿泊や観光を楽しめるようにするため、看護・介護ヘルパーが同行するなどのユニバーサルツーリズム事業(長崎創生プロジェクト事業 認定)を展開しております。


長崎県旅館ホテル生活衛生同業組合
〈加盟:県下288軒〉

全国組織として全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(通称:全旅連)があり、確立された指導体系により必要な情報等を共有し迅速な対応と、旅館・ホテル営業について、衛生施設の改善向上を図るための自主活動を促進し経営の安定をもたらすための事業を実施しております。

また、シルバースター制度の認定を受け、「健康面で配慮された料理の提供や、施設のバリアフリー化、ホスピタリティなど、高齢者が安心して宿泊できる宿の提供を行っております。


サポート団体

大手旅行代理店である、JTB日本旅行近畿日本ツーリスト東武トップツアーズなどユバーサルツーリズムにおける情報の共有化や情報発信、企画商品の造成いった集客に繋がるサポート体制を構築します。


協力団体

ラッキーグループ福祉事業部
日常から、移送支援サービスが必要な高齢者の方、障害者や難病患者の方など、ヘルパー3級以上で自治体が主催する研修会を修了した移送介護員が自宅から車道まで介助や、介護車輌などでの移送を県内各営業所で取組んでおります。

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター
障がい者・高齢者・ベビーカーユーザー・外国人などを含むすべての人の旅行のお手伝いを、パーソナルバリアフリー基準「個々の状況に応じた、本当に使える情報提供を行う事」に基づいた情報提供を行います。

日本バリアフリー観光推進機構
観光地をバリアフリー対応し、バリアフリー旅行を一定の水準で全国的にサービスすることによって、観光客の増客および地域づくりを実現することを目的に設立された、バリアフリー相談センターの全国組織です。

リードマップ株式会社
長崎UT事業のプロモートを行います。